瀬戸内海・播磨灘にある“小豆島”から、ゆったり、のんびりな空井農園のお知らせブログをお届けします。日々の徒然や、苗木、オリーブオイル販売について発信中。

お知らせブログ

ブログ更新~オリーブの学舎~

先日、沖縄の学生さんが卒業論文のテーマを小豆島のオリーブにしたいとのことで当園に来られました。

農園主からのオリーブの栽培、オイルの採油、販売についての説明などを熱心に聞いておられました。

彼女は来年オリーブ企業に就職されるそうです。

オリーブの道に進む若者が増えており私共としても嬉しい限りです。

2024年版フロスオレイガイドブックに当園のオイルが掲載されます

本年12月イタリアにおいて販売される書籍に、当園のオリーブオイルが掲載されます。

オリーブの本場イタリアで出版されている「フロスオレイ世界オリーブオイルガイドブック」には、審査会で上位に入賞したオイルが掲載されます。

※「フロスオレイ」とは、ラテン語で「最高のオリーブオイル」を意味します。

空井農園 小豆島の農家が作ったオリーブ油 90点

審査は、オイルの香り、味、調和等について100点満点の絶対評価方式で行い、ガイドブックには80点以上のオイルのみが掲載されます。

この本は、オリーブオイル界では世界で最初の国際ガイドブックです。

昨年からは英語イタリア語版と中国語イタリア語版で販売されています。

生産者やオイルの特徴、相性の良い料理などが紹介され、世界各国の料理関係者や愛好家に愛読されています。この本で掲載される県産オイルは、イタリア、スペインなど世界各国の最高級オイルと肩を並べるほど高品質なものです。

ゆうパック送料、配送サイズ改定のご案内

いつも当園をご愛顧いただき誠にありがとうございます。

この度、弊社がオリーブオイル、オリーブ苗木4.5号、7号サイズの配送で利用しておりますゆうパックの送料改定に伴い、2023年9月27日ご注文分より、オリーブオイル、オリーブ苗木4.5号、7号サイズの送料を改定させて頂くことになりました。
(本日からのご注文のお届けは最短でも10月1日以降となります。)

送料詳細はオリーブオイルまたはオリーブ苗木のページの下層部にございます送料早見表をご覧ください。

お客様には大変心苦しいお願いとはなるのですが、何卒ご理解賜りますようお願い申し上げます。

なお、オリーブオイルのご注文に関しましては、これまでと変わらず一箇所のお届けにつき、商品の合計金額が11,000円以上の場合、送料は弊社負担とさせていただきます。

【苗木の配送サイズの改定について】

オリーブ苗木4.5号4本以上、または苗木7号サイズの配送にはこれまで170サイズを利用しておりましたが、
ゆうパック送料改定前と改定後の運賃差額が170サイズに関しましては大きいことから、お客様に利用していただきやすい様、この度配送サイズを170サイズから160サイズへと変更することにいたしました。

配送サイズ詳細はオリーブオイルまたはオリーブ苗木のページの下層部にございます送料早見表をご覧ください。

配送サイズを変更することになりますがお届けする苗木がこれまでより小さくなるなどの事はございませんので安心してご利用くださいませ。
多少の余裕をもって170サイズを利用しておりましたのでこれまでと変わらない苗木をお届けさせていただきます。

配送サイズ変更に伴い、樹勢旺盛な木は輸送箱の中に収まるように、軽く輸送箱で押さえて収納、お届けさせていただきます。
押さえた枝に少し癖がつく場合がございますが、問題ございません。開封後、太陽のほうに向かって徐々に癖はなくなってまいります。

これからも末永く、当園をお引き立ていただきますよう、宜しくお願い申し上げます。

ヤマト運輸の荷物転送有料化について

【オリーブ苗木8号・10号の配送について重要なお知らせ】

・ヤマト運輸の荷物転送有料化について

ヤマト運輸の規定変更により、2023年6月1日(木)以降、お荷物の送り状に記載された住所以外にお届け先を変更・転送する場合、送り状に記載されたお届け先から変更後のお届け先までに生じた配送料を、ヤマト運輸がお届け先様から着払いで収受することとなります。

※着払い金額は、ヤマト運輸の定める料金になります。当園オンラインショップの定める送料とは異なります。

生じた配送料金につきましては、ご贈答用の場合でも荷物をお受け取りになるお客様に着払いでご負担いただくことになりますので、よろしくお願いします。

・出荷が完了したお荷物の住所変更(転送依頼)は、お荷物を受け取るお客様が直接ヤマト運輸に変更依頼をしていただきます。

<2023年6月1日以降に転送が発生した場合の例>
いずれもお届け先様が着払いで転送料金をご負担いただくことになります。
例(1)お届け先様ご本人のご希望で、転送する(自宅→会社など)。
例(2)送り主様からご指示頂いたご住所がお引越し等で変更となっていたため、新しいご住所へ転送する。

詳細はヤマト運輸のホームページをご確認ください。
ヤマト運輸
https://www.yamato-hd.co.jp/important/info_230417_2.html

ブログ更新〜イモムシからオリーブを守れ〜

写真は鉢植えのオリーブについていたススメ蛾の幼虫のイモムシです。
大きさは7〜10センチくらい
オリーブと似た色をしているので生い茂っている枝葉の中では見つけにくいです。

地面に黒い糞が落ちていたり、葉っぱのない枝が沢山あるとその辺に2〜3匹いると思います。
夏によく見られる虫です。

手で触るとかまれますので、見つけたら枝を鋏で切って枝を持って処分してください。
放っておくと鉢植えのオリーブの葉っぱ食べ尽くされてしまいます。

ブログ更新〜香オリの台風対策〜

全国酷暑が続いていますね。
小豆島は一昨日久しぶりに雨が降りました。

写真のオリーブは香オリ3号と香オリ5号です。

香川県で生まれ育ち、日本で初めて品種登録された新品種です。
香オリ3号はオリーブ新漬けとオイルの兼用種、実は大きめ
香オリ5号はオイル専用種、実は少し小粒です。
どちらも病気に強い特徴を持っています。

まだ植えて3年目なので台風の影響で倒れる危険性があります。
鳥居型に杭を打ち込み、紐でオリーブが倒れないように補強します。

10年も成長すれば、補強なしでも暴風による倒木の心配はほぼ無くなります。

台風シーズンは長いので
紐が古いと切れやすいので取り替えたり
こまめな畑の見回り点検が必要となります。

酷暑続きで農園スタッフも熱中症対策最大限行っていますが、それでも例年になく疲労が蓄積している感じがします。
皆様もどうぞご自愛ください。

ブログ更新〜アザパとアルベキナ〜

オリーブの実、順調に成長していっています。

右がアザパの実

左がアルベキナの実

品種によって果実の大きさ、形、用途も様々です。

オリーブの品種は世界で1600種類以上あるとされています。

ブログ更新〜可愛らしい訪問者〜


小学校の生徒さん
かわいい二年生が当園に見学に来られました。

オリーブの仕事ってどんなの?
オリーブオイルの良いところは?
オリーブの木はどうやって作るの?

子供達からたくさんの質問が寄せられました。

世界のオリーブオイルのコンテストでいただいた賞状やメダル、テレビ取材などで当園に来られた有名な方のサイン色紙など飾られた展示品にも皆興味津々。

細木挿
太木挿
種から作る実生など
オリーブの苗の作り方も実演しました。

1番盛り上がったのは、たくさんの苗木の中からハート型のオリーブの葉探し。

こっち、こっち、あったよ!
小さな可愛らしい訪問者にとても嬉しくなりました。

オリーブ苗木商品追加のご案内

しばらく売切れとなっておりましたオリーブ苗木8号ミッション、ルッカ、モライオロ、エルグレコ、シプレッチーノ、コロネイキなど新たに商品追加いたしました。

写真の商品はネバディロブランコ13号太木挿しです。
こちらの商品はホームページ10号サイズカテゴリーにて販売中です。

ブログ更新〜オリーブ開花〜

オリーブ開花しました。

小豆島中でオリーブの花見頃です。

乳白色の小さな花が可愛いですよ。

天候に恵まれ、たくさん実をつけてくれますように。