瀬戸内海・播磨灘にある“小豆島”から、ゆったり、のんびりな空井農園のお知らせブログをお届けします。日々の徒然や、苗木、オリーブオイル販売について発信中。

お知らせブログ

オリーブ苗木についての記事

一足早く

ビニールハウス内のオリーブ苗木の花が開きました。
小さなかわいい花です。

小さな花が一生懸命子孫を作ろうと花粉を風で飛ばします。
5月の末にはどこの畑のオリーブも満開のことでしょう。
とても楽しみです。

今日はオリーブの日

本日3月15日はオリーブの日です。

昭和25年3月15日、昭和天皇が小豆島を訪問された際にオリーブの種を蒔かれたことを記念して3月15日がオリーブの日となりました。

昭和天皇が蒔かれた種から発芽したオリーブは、小豆島オリーブ公園で立派な大樹に成長しています。

小豆島も暖かくなってきました。
苗木のご注文も増えております。
植え替えに最適な時期です。

店頭では10号以上の大型サイズも取り扱っております。
小豆島にお越しの際は御気軽にお立ち寄りくださいませ。

写真の苗木、比較で左が8号サイズ、右が10号サイズです。

植え付けの準備

新しくオリーブの植え付けをする畑で植える間隔を測って印をつけているところです。

一月は堆肥
二月は苦土石灰
三月は肥料
3ヶ月かけて土づくりします。

植え付けに最適な3月が待ち遠しいです。

オリーブ苗木通信販売再開いたしました!

大変お待たせいたしました。

本日オリーブ苗木通信販売再開いたしました。

ホームページより直接ご注文いただけます。

8号、10号は随時商品をお写真とともに随時UPしてまいりますので少々お待ちくださいませ。

1度のご注文(カート)でご購入できる苗木の本数について

・4.5号27本まで(他のサイズの苗木、オイルとの同時注文不可)

・7号15本まで(他のサイズの苗木、オイルとの同時注文不可)

・8号10号あわせて合計4本まで(4.5号、7号、オイルとの同時注文不可)

上限本数以上のご注文はお問合せフォームより、ご希望の品種・サイズ・本数・お届け先住所(郵便番号含む)を明記の上お問い合わせください。
送料含めお見積りさせていただきます。

※同一サイズでも複数の品種の苗木をカートに入れて、上記の購入できる本数を超えてしまった場合、システムエラーで注文が通ってしまう場合がございます。
その場合、ご注文時に表示される送料と実際の送料が合いませんので、ご注文後にあらためてこちらより正式な金額をメールにてご案内させていただきます。
在庫の確認後、送料含めお見積りさせていただきます。

業者様等の大量ご購入の場合なども御気軽にお問合せください

ブログ:ずっしりと

たわわに実ったオリーブ。

品種はレッチーノです。

果実の重さで枝が垂れ下がっています。

オリーブお母さん、収穫の時まで身重だけど頑張ってね。

ブログ更新:カップリング

小豆島ではカエルの大合唱の夏から、スズムシの鳴き声が響く秋らしい日々になりました。
秋に入りオリーブ苗木のご注文が増えております。
初めてオリーブをお育てになるお客様から「どの品種がおすすめですか?」とよくお問い合わせいただきます。
オリーブは成長が早く、生命力が強い木です。
中でもルッカ、コレッジョラ、フラントイオが寒さ、病気、風にも強く育てやすい品種です。
また、ネバデイロブランコはどの品種とも相性が良く実を付けやすい、受粉木にも最適です。
参考にしてくださいませ。

ブログ更新:キラキラシャワー

オリーブたち、お水のシャワーを浴びてたくさんの実がキラキラ嬉しそうです。
農園スタッフも水浴びしたいくらい暑いです。

明日は小雨予報。

恵みの雨期待します。

 

ブログ更新:長雨の後は、

先日8日間ほど降り続いた雨で鉢植えの中の草も元気いっぱい生えました。

草取りは大変ですが大事な仕事です。
草を取るとオリーブの風通しもよくなります。

ブログ更新:長雨対策

この先しばらく雨の日が続きそうです。

先日の台風までは雨降らずで灌水の為、溝に水をためていましたが
今度は畑に水が溜まらないよう排水のために溝の関を崩しています。
自然は有り難くもありこわいものでもあります。
恵の雨でありますよう祈るばかりです。

ブログ更新:畑の水やり

雨が二週間以上降らず、水やりの日々です。

水が足りなくなるとオリーブの木は実を落として自分を守ります。
実を落とさないためにもしっかり水やり。

水道、井戸の設備がない畑にはタンクをトラックで運んで水やりしています。

オリーブちゃん頑張って!